maonChoorbThai

タイが好きな30代目線の日常と女子旅行記。たまに元セレクト服屋のお洒落オバサン日記

バンコク女子旅必見‼︎激安ネイルサロン「ゲーガイ」は日本の1/3の金額よ!

こんにちはmaonです。

今回のバンコク旅の目的の1つでもあるネイルサロンに行く!がありました。

バンコクにはマッサージと同じ位にネイルも激安なんです。ナイトマーケットでもよく見かけるのでタイの女子には身近なんでしょう。

日本のネイルサロンだと相場1万円前後。シンプルなマニュアルデザインでも安くても5000円位はするのでは無いでしょうか??なかなか日本では気軽にネイルとはいきませんよね。

でも、バンコクでは気軽にネイルが出来ちゃうんです。なんと日本の相場の1/3ですよ!素晴らしい~。

普段ネイルはあまりしないのですが、こんなに安いなら是非とも行きたくなります。

今までは誰かと一緒の旅だったり、滞在中時間が裂けなかったりとバンコクネイル初挑戦なんです。

下調べしている中で色々なバンコクブログに出てくるサロンを発見!やはりプロンポンじゃないですか~笑

アクセス

f:id:maon-style:20180530133633j:image

BTSプロンポン駅の3番出口から徒歩3分程。イムチャンというタイ料理屋の先の通りソイ39に入り、横断歩道を渡ったら真っ直ぐ150メートル程の所にお店があります。

ゲーガイとカタカナで書かれた旗 笑 があるので直ぐに分かると思います。

f:id:maon-style:20180530132812j:image

https://goo.gl/maps/sZ5J1tpa9Nu


ゲーガイ 

f:id:maon-style:20180530114013j:image

お店の1階は美容師で2階がネイルになっています。今回、朝早く行ったので店前でおばちゃん達が休憩をしています。おばちゃんに声をかけたら直ぐに教えてくれました。もし、誰も居なかったら中に入り近くの人に「ネイル」と言えば2階に促されます。その時に番号の書かれたクリップと透明ファイル渡されます。

2階に上がる途中に、ラックの下駄箱があるの靴を脱いで先程のクリップで留めておきます。ファイルはお会計まで自分で持っていましょう。

ここまで来たら分かると思いますが、ローカルサロンなのでほぼタイ語オンリーです。数名英語が話せる方も居るようですが、私がサロンにいる間は、片言の英語と日本語がたまに聞こえるだけでした。

f:id:maon-style:20180530115514j:image

2階に上がったら、近くの人に声掛けします。手があいてる人が居ない時はサワディカー!と言えば誰か気づいてくれるのでそこは自分発信で頑張りましょう。

部屋の両側の壁に沿ってソファーになっておりそこで作業します。

「ジェル?マニュキア?手?アシ?両方?」とそこは片言の日本語で聞かれます。駐在妻の方を始め日本人も多いサロンなので納得。

f:id:maon-style:20180530115535j:image

今回私はフットのマニュキアにしました。マニュキアの場合は部屋の前に棚があるのでそこから自分で色を選びます。

サロンのデザインブックもあるので、そこからデザインをチョイスしても良いのですが、ゲーガイの口コミでの良さは持ち込みのデザイン通りに再現してくれるとの事。私もこちらのデザインを持ち込みお願いしました。

f:id:maon-style:20180530115655j:image

ゲーガイのInstagramにも可愛いデザインもあるので参考にしても良いと思います。

持ち込みデザインの時は、何度かデザイン見せてと言われるのでスマホからすぐ見せれるようにしておいた方が良いですよ。

チップ

ネイルは前処理とベース塗りの担当と、デザイン担当と最低2人はつきます。手足なら3人で行う事もあるようです。

最後にチップを渡すのですが、ゲーガイてでは1人に20B,なので20B札は3枚は用意しておきましょう

下処理、ベース

f:id:maon-style:20180530115805j:image

デザインが決まったら、足をスクラブで洗って甘皮処理とやすりに入ります。ジェルの人はオフの作業も含まれるそう。下処理は全部無料!(オフのみは有料)

人によっては甘皮処理が痛いとネットではあったので心配しましたが、大丈夫でした。

f:id:maon-style:20180530115838j:image 

ベース塗りに入ります。色順番など変更がある時はここのタイミングで伝えましょう。私も持ち込みデザインと色順番を変えたかったので、片言の英語かタイ語で伝え何となく伝わりました。とりあえず希望通りになれば問題無い!担当のおばちゃんなかなか迫力あり、かなり雑破笑 ローカルサロンなので許容範囲ですけどね。人によってでしょうが綺麗に仕事だけしてくれればOKな感じで構えましょう。

無事にベース塗りが終わりマニュキアなのでアナログに扇風機で乾かし待ちです。

デザイン

ベースが乾いたらデザイン担当にチェンジ。

もう一度デザイン見せて!と言われるので、スマホを渡します。ここで指先で柄やストーンの配置などの確認をして施術に入ります。

f:id:maon-style:20180530125050j:image

私の持ち込みは完全手書きのペイント多めなので、ひたすらデザインを筆で描いていきます。頼んでおいて何ですが、スマホの画像だけでよくこれだけ細かいの描けるな~。と感心して見てました。迷いも無く見事な筆使い。もちろんバランスも良く可愛く仕上がっていく工程は釘付けになりました。

最後にトップコートを厚めに塗ってデザインは30分程。あとはひたすら先ほどのアナログ扇風機で乾かしてOK出れば終了!

f:id:maon-style:20180530125230j:image

ここでデザイン担当にチップを渡します。始めの担当も近くに居たら渡しても大丈夫。もし居なければチップと聞けば呼んでくれました。

終わりぎわにお会計が紙に書かれるので、初めに貰ったファイルを渡して入れて貰います。アナログ感が、良いですね〜。お会計は一階に降りたレジになります。

f:id:maon-style:20180530125408j:image

今回私は破格の390B(1400円程)‼︎マニュキアのフットのみとは言え、このクオリティとデザイン量でこの値段は衝撃でした。

昔ジェルを続けて爪が薄くなったトラウマがあるので、手はいじらないようにしているのですが、この値段ならそれも忘れハンドもやりたくなりました。

f:id:maon-style:20180530213303j:image

ちなみに料金表はこんな感じ。

ベースの値段1本辺りのデザイン料がプラスされます。デザイン20Bとありますが、使うパーツの量やデザインで変動するようですね。それにしても、お安い!

バンコクの初ネイルサロンの仕上がりは大満足です。お風呂入る時や、サンダルで外に行く時は気分上がりますね。

f:id:maon-style:20180530133808j:image

何といってもマニュキアフットですが、半月経っても全くハゲずにストーンも取れてません。これは感激ですね。

次にバンコク行く時もまたネイルしたいなあ。

最後までお付き合いありがとうございました!

  maon

  ⬇︎おすすめスポンサーリンク

   

★ブログのTwitterInstagramも始めましたので、フォロー、ブクマ頂きたら嬉しいです。