maonChoorbThai

タイが好きな30代目線の日常と女子旅行記。たまに元セレクト服屋のお洒落オバサン日記

【BANGKOK #5】2018ベタ旅 3日目

2018.03.23〜26 3泊4日のバンコクへ🇹🇭

 @トンブリー地区

今日も朝ごはんを食べたくて8時に起床。

連れを起こすがなかなか起きず1人朝ごはんへ。

今日もいい天気だなぁ。

この時期暑気に向かい気温は高くなるけど雨やスコールにも当たらず天候には恵まれました。

個人的には曇りの方がありがたいのです。

f:id:maon-style:20180403143127j:image

そんな爽やかな朝を迎えたのは素晴らしく良いのですが。

とうとう私の所持金が300Bになりました、、、

そもそも2万円しか両替していないのに、昨日のマーケットでの散財や近所のMBKにこそこそ通っていたから。

自業自得。

こそこそ散財してた事を知らない連れはまだ1500Bあるとの事。偉いなあ。

日曜日で近くの両替所休みだしわざわざ行くのは面倒くさい。今更ホテルのデジポット1500B cashが痛いのです。

今日は健気に過ごし、連れに賄ってもらおう♡

まあ。何とかなるでしょう‼︎

BTSでナショナルスタジアム駅から8駅目のウォンウィエンヤイ駅まで行きます。

 

BTSは凍えますね。暑いけどストール持ってきて良かった。

貧弱日本人の私にはこの国ではサングラスと羽織はマストです。

あっという間にチャオプラヤー川の向こう岸トンブリー 地区へ。

f:id:maon-style:20180403183405j:image

トンブリー 地区

超暑い。

なんだこの日差しは。

f:id:maon-style:20180403174939j:image

本日も35度。

昨日の暑さの反省を生かしまずはセブンでクラッシュアイスコーヒーを買います。

昨日のスイカジュースに学んだ冷たさと水分補給。暑さ強い連れの冷たい目線を感じながら、クラッシュコーヒーを片手に散策スタート!

まずは、モニュメントのあるロータリーに向けてひたすら歩きます。

ターミナルモニュメント

大きなロータリーの真ん中にタクシン像ありました。見晴らしは良く周りに緑が目立ちます。

タイの方がお供えしています。うーん。でも何も無い。

仏教徒でもない私たちは申し訳ないけど1つの風景に移ってしまった。

我々は暑すぎて遠目で見ながら通り過ぎちゃいました。

f:id:maon-style:20180403175110j:image

ジャルンラット通りに向けて歩きます。

途中、バーガーキングや映画館などが入る近代的な建物を抜けると街並み変わりますね。

f:id:maon-style:20180403180602j:image

ジャルンラット通り

到着!

そうそうこの感じ。この辺はかなりローカルな雰囲気。

バンコク中心地には無いレトロで懐かし感じが良いですね。これが日常の風景なんだろうな。

ウォンウィエンヤイ市場やアクセサリーパーツや生地問屋などがあります。

日曜日という事で、残念ながら問屋街はお休みのお店が多くゆっくり店に入る事は出来ませんでした。

代わりに熱帯魚の卸問屋がかなりあって、沢山の水槽がありました。

きっと外国に向けて卸すのでしょうか。魚好きにはタイは楽しいかもしれませんね。

f:id:maon-style:20180403181150j:image

f:id:maon-style:20180403181211j:image

f:id:maon-style:20180403181222j:image

f:id:maon-style:20180403181244j:image

ウォンウィエンヤイ市場

市場周辺は、タイ人の気質がムンムンと感じれる所ですね。この暑さでみんなマッタリと店番してます。

鮮魚市場はかなり臭います。

バンコクではそんなに臭いキツイなと思う事は無かったのですがなかなかパンチが効いてますね。
果物屋のお婆ちゃんがナッツをひたすら食べながら店番してます。

流石この国で生まれ育っただけありこの暑さにも動じない。流石です。

f:id:maon-style:20180403182234j:image

f:id:maon-style:20180403182244j:image

一歩路地に入ると更にディープなローカルな雰囲気が広がります。

この感じ味わえただけで来た甲斐がありました。この辺来るなら平日が良さそう。

 

日射しがまだまだサンサンとしているので、一度駅の方へ戻りタクシーでワットパクナムに行きます!

#6へ

      maon

 

☆ブログ記事のTwitter始めました。良かったらフォローして頂けたら嬉しいです。